YouTubeが360度VRに対応!Androidアプリで手軽にVRが楽しめる!

youtubeアプリとcardboadによってVR視聴

以前から度々話題になっているYouTube上でのVR(仮想現実)コンテンツですが、ついに公式アプリにてVR(仮想現実)が対応となり、話題を集めています。

Google Cardboardといわれる段ボール製のスマホ装着型のビューワーを使うと、YouTube上の動画も手軽にVR(仮想現実)コンテンツとなるようです。

YouTubeが360VR動画のプラットフォームへ

youtubeが360に本格対応

YouTubeサイトより

国内でもハコスコなどの動画プラットフォームがアプリとVRビューワーのセットで以前から話題を集めてきましたが、YouTubeが本格的に対応したことによって、莫大な数の既存の動画視聴ユーザーが流入する、360度VR(仮想現実)動画の最大級のプラットフォームとなることは間違いないでしょう。

また、コンテンツ提供者の視点でいっても、VR(仮想現実)コンテンツへの誘導方法が様々なGoogleサービスからの流入と連動することになるため、プロモーションとの相性も良く、VR(仮想現実)を企業プロモーションに取り入れる動きは一層活発になりそうですね。

3D立体視による3DVR動画にも対応!

jumpによって広がる360度動画の可能性

Jumpサイトより

そして、いままでの360度動画の平面的な視聴だけでなく、両目の視差を利用し、左右の映像を微妙に変えることで本当の景色のようにVR(仮想現実)を見ることが出来る3DVR動画の提供も始まるとのことで、その可能性はより大きく広がりそうです。

この3DVRについては、GoogleとGoproが共同して開発している「Jump」という360度動画撮影用のデバイスもリリースされているので、定期的にコンテンツが提供されるようです。Google EarthやMapとの連携など、想像するだけで近未来なVR(仮想現実)コンテンツの今後の展開に目が離せませんね。

Jumpの公式サイトへ


ABOUTこの記事をかいた人

タカハシリョウ

1988年生まれ。2011年に独立、最先端技術からアナログ技術を結ぶクリエイティブを提案。主な事例として、サンシャイン水族館「ペンギンナビ」においては、カンヌライオンズ(旧:カンヌ広告祭)での最高賞であるゴールド受賞。 その他に、朝日新聞AR広告プロジェクト、スターバックス・コーヒージャパン 「清川あさみコラボキャンペーン」、HISプロモーションJリーグ様「ヤマザキナビスコカップ2012ARプロモーション」、積水ハウスARプロモーション、サンライズ ガンダム35周年「ガンダムUC」プロモーション、松竹「クロユリ団地」公開記念プロモーション等、多数のプロモーションを手がける。 【受賞歴】 Cannes Lions 2013,2014 - Gold / Silver /Bronze ADFEST 2014 – Silver LOTUS Spikes Asia 2013 – Silver