アイデアが秀逸!世界初の”ウェアラブル・プロジェクションマッピング・マスク”が面白すぎる!

IMG_4175-560x373

プロジェクションマッピングも当たり前になってきており、よりコンテンツの中身が重要視されるようになりました。

デジタルプロモーションは足がはやいと言いますので、その環境の変化には私達もついていかなければいけません。

そこで今回は、あるアーティストが発明した、世界初の”ウェアラブル・プロジェクションマッピング・マスク”というアイデアを紹介します。

この発想はなかった!プロジェクションマッピングをウェアラブルする

この”ウェアラブル・プロジェクションマッピング・マスク”、何がスゴイかというと、ひと目見ただけでわかる圧倒的なインパクトとその実現性に有ります。

上の動画を見ていただくと分かる通り、頭にヘルメットのようにしてかぶるのですが、実際に仕組みは非常にシンプル。

半透明のスクリーンを様々な形にカットして、連結し、そのスクリーン部分に小さなプロジェクターでの映像を投影しているため、見た目の面白さの割にコストがそこまでかかりません。

プロジェクションマッピングのコスト課題を解決できる!?

実は、各地で話題のプロジェクションマッピングは非常に大きなプロジェクターを導入する必要性があり、そのプロモーションにかかる費用は設備だけで数百万は軽く超えてしまいます。

このようなアイデアであれば、例えば既に発売されている極小のプロジェクターを使用したり、スマホにプロジェクター機能があれば、コンテンツを再生するだけでアイデア次第では近未来なプロモーションが出来る可能性がぐっと広がりますよね。

プロジェクションマッピングも切り口を変えれば、独自のプロモーション色を打ち出すことができる便利なツールです。

ぜひ御社のプロモーションに導入をしてみてはいかがでしょうか?