【AR事例】これぞ近未来!AR(拡張現実)を使った博物館プロジェクト「Augmented Reality Museum Tour」


ARプラットホームアプリとして国内でもシェアが高い「junaio(ジュナイオ)」ですが、開発元のmetaio社が企画したプロジェクトがすごすぎるので紹介します!

今回はドイツ・ミュンヘンの博物館を舞台に博物館のARツアーを行う、というもの。実際のコンテンツはどうなっているのか、少しご紹介しましょう!

博物館内で専用のアプリを立ち上げると・・・

カメラ機能が起動して、対象となる展示物にかざすと・・
なんと!周りにボタンが表示されたり、当時の歴史を音声でガイダンスが流れたり、、など、ありとあらゆる機能が実際の展示物に重なるようにして表示されるのです!



日本にも各箇所に楽しい博物館・美術館がありますが、このようなAR(拡張現実)を使った新しいコンテンツがあると、より理解が深まり、幅広い世代の人に来場してもらえるようなPRツールとしても活用できそうですね!