【VR事例解説】ABCニュースがVR報道を開始!360度で映像が見られるコンテンツを配信!

vr_abc

日本でも名前を聞くことの多い、ABCニュースがVR(仮想現実)を使った近未来の報道コンテンツを開始しています。

新たなメディアの取り組みとして海外でも話題になっていますが、日本でも近い将来このような流れがすぐにくるでしょう。

ABCニュースは世界の特派員のコンテンツをVR化!


ABC Breaking News | Latest News Videos

VR(仮想現実)のコンテンツは、2016年から始まるOculus Riftなどの発売をきっかけに爆発的に増えることが予想されています。

いまはデバイスが身近にないので肌で感じにくいですが、すでに報道の場でもVR(仮想現実)コンテンツが登場し始めているんです。

ABCはシリアの特派員がVR(仮想現実)コンテンツを撮影し、プレイヤーで見るという流れを実際に提供し始めています。

ABC News VRと名付けられたこのVR(仮想現実)コンテンツでは、現地の様子を360度の映像で見ることが出来、より臨場感のある映像をいつでもどこでも視聴することが出来ます。

※以前当サイトで紹介した国連の取り組みも同様の技術です。

360度の映像で真実を知る!VR(仮想現実)映像だけで制作された国連のショートフィルム「Waves of Grace」

2015.10.15

まとめ

VR(仮想現実)コンテンツは、物理的な制約や時間的な制約を超えてさまざまな表現ができるプラットフォームとして注目されています。

今回のような、新たな報道の取り組みは大変参考になりますし、観光情報を全国にVR(仮想現実)で配信することや、医療、教育、エンターテイメントなど様々な領域で活用が進むでしょう。

ぜひVR(仮想現実)の情報をいち早くキャッチアップし、半歩先の活用方法を探ってみてはいかがでしょうか?


ABOUTこの記事をかいた人

タカハシリョウ

1988年生まれ。2011年に独立、最先端技術からアナログ技術を結ぶクリエイティブを提案。主な事例として、サンシャイン水族館「ペンギンナビ」においては、カンヌライオンズ(旧:カンヌ広告祭)での最高賞であるゴールド受賞。 その他に、朝日新聞AR広告プロジェクト、スターバックス・コーヒージャパン 「清川あさみコラボキャンペーン」、HISプロモーションJリーグ様「ヤマザキナビスコカップ2012ARプロモーション」、積水ハウスARプロモーション、サンライズ ガンダム35周年「ガンダムUC」プロモーション、松竹「クロユリ団地」公開記念プロモーション等、多数のプロモーションを手がける。 【受賞歴】 Cannes Lions 2013,2014 - Gold / Silver /Bronze ADFEST 2014 – Silver LOTUS Spikes Asia 2013 – Silver